--.--.-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2006.01.17 (Tue) 02:14

ダヴィンチ・コード 

今頃『ダヴィンチ・コード』を買って読み始めました。
まだ上巻の半分手前ですが、はっきり言って難しいが面白いです。

最初のプロローグの2行目で私は躓きました。
文にルーブル美術館にある『一番近くにある絵・・・カラヴァッジョだ。』の
カラヴァッジョで早くも?となりました。

なんだ?この単語か名詞か?絵の名前か?
なんの事なのか知りたくて即ググってみた。
画家の名前でした。すっきりした。

この本を読んでいくうちに画家の名前や絵の名前が
ガンガン出てきてダヴィンチの素画『ウィトルウィス的人体図』で
旦那にウィトルウィス的人体図とはどんな絵なのか聞いてみたら
「ああ、セピア色の絵か?有名な絵だから、見ればああ、あれか~
ってなるよ。」と。ああ~あれかぁ~と私はなってみたいので
私は2度目のググる行動に。

ウィトルウィス的人体図をこの目で見て私は、
気持ちよく、ああぁ、あれか~となりましたw
ずっと前にTVのCMで「ニシザワガ○エン~」で見たような気が・・・違うかな?

絵画やカトリック、キリスト教に疎い私ですが
解らない単語が出てきたらネットでググれば解るし、いい世の中だ。
これは下巻も買わなくてはいけないな。





02:14  |  UO  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

Flashカレンダー

最新の記事です

TCATEGORY

ブログ内検索

著作権について

RSSリンクの表示

ぷろふぃーる

コメントです

月別アーカイブ

LINK

Tree-TB

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。